【vol.2】パンケーキ編 | 子どもの「できた!」を育てるハッピー食育コラム | 栃ナビ!
クチコミ投稿

「キッズ料理研究家・食育指導士」の金原恵美さんによる「子どものできた!を育てるハッピー食育コラム」がスタート!毎月第4火曜に、楽しくておいしい!笑顔があふれるおうちのごはんづくりについてお届けします♪

  • 画像

【vol.2】パンケーキ編

こんにちは。キッズ料理研究家 金原恵美です。

皆さん、幼い頃の“おやつ”で1番うれしかったものは、何ですか?
私は、ホットケーキです。

玄関を開けると、ふわ~っと甘い香りが家中に広がって。
毎日毎日、ホットケーキがおやつだったらいいのにな・・・と、
幼心に小さな夢を描いていました。

私は、3人の子ども達が小さかった頃
よくパンやケーキを焼いていました。
帰ってくると、
「うわ~!いい匂いがする!今日は○○でしょう?」
なんて言いながら、喜んでキッチンに駆け寄ってくる
子ども達の顔は、今でも忘れられません。

長女が小学2年生・次女が4歳の時に、
毎週日曜日の朝食を半年間、任せたことがあります。
献立から調理、片付けもお願いしました。
その時の、1番初めのメニューがホットケーキだったのです。
やっぱり子どもにとって、ホットケーキは特別なものなのだと感じました。

ということで、今回は
ホットケーキミックスを使用しない『パンケーキ』
つくってみましょう!

甘さが控えめなので、甘い系からお食事系まで、いろいろなバリエーションが楽しめるレシピです。

【用意するもの】

画像

  • 画像

【材料】6~8枚分
薄力粉 200g
コーンスターチ 20g
砂糖 30g
ベーキングパウダー 10g
牛乳 200cc
卵 1個
溶かしバター 20g
【道具】
ボウル(2個) 泡だて器 お玉 フライパン or ホットプレート

画像

  • 画像

【1】粉類と砂糖をボウルに入れて混ぜよう!

子どもは力任せに勢いよく回すケースが多く、粉が飛んでしまうので“そっと混ぜる”ことが大切です。

ママは「優しく混ぜてね」の声がけを!

画像

  • 画像

【2】別のボウルに卵を割り入れる。

卵を上手に割るには、角ではなく平らなところに「こっつん」とすると、割れ目がキレイに入ります。その割れ目に指を入れて、パカッと割ってみましょう!

失敗してもOK!だんだん上手になります。うまく割れると自信につながります。

画像

  • 画像

【3】卵が入ったボウルに、牛乳を入れてよく混ぜる。

混ぜていると、だんだん色が変わってきます。

豆乳でもおいしくできますよ。

画像

  • 画像

【4】【1】のボウルに【3】を少しずつ入れて、よく混ぜる。溶かしバターを加えてさらに混ぜる。

なめらかな生地になるまで、よく混ぜようね。

画像

  • 画像

【5】お玉ですくって、フライパンまたはホットプレートで焼く。

真上からゆっくりゆっくり流し込むと、丸くなりますよ。

画像

  • 画像

【6】ふつふつと穴ができてきたら、ひっくり返す。

フライ返しでやってみよう。フライパンやホットプレートに、触らないように気をつけようね。

小さめのヘラやフライ返しがあるとGOOD!

画像

  • 画像

【7】ひっくり返して、2分くらい焼いたら完成。

気をつけて、上手に取り出してね。

画像

  • 画像

チョコペンやクリーム、トッピング素材で
パンケーキにお絵かきしても楽しいです。

まだ、お料理に興味を示さないお子さんには
“お料理ってたのしい”という感覚を体験させてあげてください。

画像

  • 画像

レタスやハムをはさんで、パンケーキサンド。
フルーツやクリームをのせて、スペシャルパンケーキ。

甘さが控えめだから、好みに合わせてアレンジもしやすくなっています♪

パンケーキ=甘いものという感覚に変化がでて、
自分で考える楽しさを感じたり、新しい発見ができますよ!

「分量を量り、混ぜて焼く」という工程なので、
小さなお子さんでも、やってみたいというお子さんなら何歳でもOKです。
ママと一緒にどんどんチャレンジしてみてください。
ママは、やってみたいというお子さんの意欲を
尊重しながら、サポートしてみてくださいね。

次回は『vol.3 栃木県産お野菜たっぷりカレー編』です。
どうぞよろしくお願いします。

※食育コラムの「パンケーキ編」についてのクチコミや、実際にやってみた感想をお待ちしております。

キッズ料理研究家 金原 恵美(かねはらえみ)

画像

  • 画像

宇都宮市出身の45歳。22歳、19歳、15歳の二女一男の母。
自らの育児中、料理を通して3人の子どもたちの自己肯定感・自尊心を養うことができた経験を活かし、「こどもの笑顔はおうちのキッチンから」をモットーに活動中。
キッズ向けの料理教室では、料理はもちろん食の大切さを。ママ向けの料理教室では『簡単・楽しい・おいしい!』ママが笑顔になる、また作りたいレシピをご提案。各企業や行政主催の幅広い料理に関するご依頼、食育セミナー講師等も担当しております。

~キッズ料理研究家/食育指導士/フード・アトリエ chou-chou 代表/NPO法人日本食育協会 会員~

笑顔はおうちのキッチンから(ブログ)
金原恵美のFacebook

フード・アトリエ chou-chou 

画像

  • 画像

おうちのキッチンは、私たちの生活の中心。
『たくさんの命をいただき、元気な体が作られる。そして笑顔が生まれる。』
キッチンはエネルギーの源なのです。


そんな大切な場所でもあるキッチンから、たくさんの方に喜んでいただけるような活動を行っています。

◆個人の方・子育てサークル・小中学校の家庭教育セミナーなどでの料理教室
◆各種企業様向け フードイベントをコーディネート
◆食育セミナー

※各種 随時ご相談を受付けております。お気軽にお問い合わせください。

クチコミ

クチコミ:0

※掲載内容は取材時の情報です。