vol1.横山 実柚さん | kiss mama 白書 | 栃ナビ!

kiss mama白書 vol.1

栃木県に住むママたちの、ライフスタイルをご紹介するコーナー。記念すべき第1回は、ドクターである旦那さまをサポートしつつ、ご自身もアクティブに活動するママをご紹介します♪
みんなの声を集めた「mama research」では、“ママのおこづかい”についてリサーチしました。>>「mama research」をみる

幸せ家庭と自己実現を両立させる、みんなの憧れママ

画像
  • 画像

◆name
横山 実柚 さん
Yokoyama Miyo

◆age
38歳

◆family
愛する旦那様・優しい長男(12歳)・イケメン次男(8歳)・おませな長女(4歳)

◆work
医療法人「よこやま内科小児科クリニック」理事、「とちぎいちご王国」代表 (※リンク:PC板)

◆live
栃木市

◆message
ドクターでありながら、家事・育児にとても協力的な優しい旦那さまと3人の子ども達に囲まれて、忙しいながらも充実した毎日です。

FASHION

画像

可愛さ&冷房対策のスカーフ

お気に入りのバッグとスカーフは「エルメス」。バッグは、A4サイズの書類が入ることが必須条件。冷房対策のスカーフをつけて、可愛さをプラスしています♪

画像

小物にも、きちんと感♪

起業してから、目上の方とお会いする機会が多くなり、きちんとしたファッションが増えました。なので小物にも、きちんと感と華やかさを心がけています。

画像

色違いがおしゃれの証!?

お気に入りの靴は、「BARCLAY」!ヒールなのに、一日中履いていても疲れないんですよ。おしゃれ上級者を気取って、色違いで3種類揃えてあります(笑)。

LIFE

画像

今年のバカンスはHawaii

夏休みは家族でハワイへ。観光は一切せず、コンドミニアムでひたすらのんびり。プールや海で泳いだり、みんなでお料理したり…。しっかりリフレッシュできました!

画像

月に1度、都内でお勉強

“女として煌めき 妻として輝き 母として聡明に”なるため、都内へ月に1度程、「麗人養成講座」に通っています。毎回素敵な方に出会え、いい刺激を受けています。

画像

起業した理由

未来を担う子ども達のため、お世話になっている地元のために、私にできることはないか?-そんな気持ちから、「とちぎいちご王国」を起業。一緒に活動しませんか?

favorite spot

画像

  • 画像

「TRATTORIA SCACCOMATTO」(佐野市)

私のお気に入りは、オーナーのこだわりが随所に感じられる、佐野のイタリアンレストランです。ニンニクをほんの少ししか使っていないので、ランチでも安心。パンやデザートもすべて手作り。手打ちパスタも評判です。いつ伺っても、見たことのないメニューがあるので毎回楽しみです♪
(編集部注:お子さま連れの場合は、静かにお食事できるようになってからがおススメ!)

協力:とちぎいちご王国

画像

  • 画像

このコーナーで紹介しているママは、「とちぎいちご王国」で活躍する“いちごガール”さんたち。第1回目の今回は、代表に登場していただきました。
「とちぎいちご王国」とは、栃木市で、とちぎのいちごを通して街おこしをしている会社です。メンバーは全て女性。30~40代の子育てママたちが中心となって、さまざまなイベントに参加したり、いちごを使ったオリジナル商品の開発などを行っています。興味のある方は、ぜひご参加ください♪

「とちぎいちご王国」のHPはコチラ(PC版)
公式Facebookページはコチラ

「王国マルシェ開催♪♪」

画像

  • 画像

【日時】 2013年9月14日(土)
     AM8:30~PM2:00
【場所】 「岩舟フルーツパーク」(PC版)
「王国マルシェ」が岩舟フルーツパークにやってきます!今回は、新鮮なお野菜とトロ~リ卵がうれしい「エッグベネディクト(単品500円・コーヒーセット650円)」を販売。緑が気持ちいいこの季節、ぜひお出かけ下さい!

-----------------------------------------------------

mama research

 Q.ママたちのおこづかいっていくら?欲しいものって何?

  • 画像

(2013年8月栃ナビ!調べ 106人回答)

1万~2万未満が、第1位!欲しいものは、やっぱり“時間”!

気になるママのおこづかいは、『1万円~2万円未満』が第1位という結果。第2位は、『5千円~1万円未満』。第3位は、『おこづかいはない』!毎日のコスメや洋服など、ママだって欲しいものはいっぱい!と思うと、少ないおこづかいで家族のためにやりくりしているのが、ママなのですね。

今一番欲しいものを聞いたところ、『時間』と答えた方が最も多く31人。自分だけで過ごす時間だったり、子どもと過ごす時間だったり、内容はさまざま。とにかくママは忙しい!とうことですね。続いて、『服・靴など』のファッション関係。おしゃれを楽しむ女心は、ママになっても変わりません。第3位は、『家電』。ルンバ・ケルヒャー・ヨナナスなど、話題の家電が勢ぞろい!さすがママたち。チェックが早いです。

自由にお金や時間を使っていた独身時代が懐かしいような、でも子どもの可愛さには代えられないような…複雑な気持ちになりました。みなさま、ご協力ありがとうございました!

※掲載内容は取材時の情報です。