シャロームカイロプラクティック おおばのニュース・最新情報|壬生町・カイロプラクティック
クチコミ投稿

壬生町のカイロプラクティック・整体・各種療法・骨盤・骨格矯正

プラス

クチコミ
44

シャロームカイロプラクティックオオバ

シャロームカイロプラクティック おおば

0282-86-0197 0282-86-0197

シャロームカイロプラクティック おおばのニュース

絞り込む
  • お知らせ 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、諦めないで!(17/12/15) UP

    足の痺れで病院へ行くと、椎間板ヘルニア、または坐骨神経痛って良く言われますよね?
    病院では足の痺れがあってMRIで椎間板が出ていなければ「坐骨神経痛です。」ってなっちゃうんですよ。
    でも坐骨神経痛ってなに??
    坐骨神経痛と言うのは、坐骨神経と言う神経が腰の下のほうから出ていて、この神経に何かしらの障害が起きて、坐骨神経の支配領域に痺れや痛みが出ていることを言います。
    でも坐骨神経の支配領域とはだいぶ違うところに症状が出ていたりすることも多く、または坐骨神経痛だったとしても病院では痛み止めと湿布しかくれないということも多いのです。
    その症状に対してしっかりと検査をして症状とその原因をしっかりと見極めて施術をする事が、坐骨神経痛を治す一番の近道になります。

    <豆知識> アメリカであった実験で足の痺れもなく腰痛もない人を100人集めて腰のMRIを撮りました。
    すると7割の方には椎間板ヘルニアがあったのです。
    逆に言うと、椎間板ヘルニアが必ずしも足の痺れの原因にはならないと言うことです。

  • 週間予約情報 一週間の予約空き時間のご案内♪(17/12/14) UP

    いつとシャロームカイロをご利用いただきまして誠にありがとうござます(^o^)
    当日予約も喜んでお受けいたします♪

    約一週間のご予約の空き時間をご案内いたします。
    午前、午後(前半1時~4時)、午後(後半5時~7時)
    空きがあれば○、無ければ×混雑は△で表示いたします。

    15日金曜日 午前△ 午後(前半)○ 午後(後半)○
    16日土曜日 午前× 午後(前半)× 午後(後半)△
    17日日曜日 午前△
    ×になっていても、場合によっては空きが出ることもございますので、ダメもとで電話してみて下さい(笑)
    お子さま連れの方もお気軽に御来院して下さい♪

  • お知らせ 妊婦の腰痛、産後の骨盤矯正(17/12/14) UP

    小さいお子様や赤ちゃん連れの方もおもちゃやバウンサー、ベビーラックがございますので安心していらしてください。
    お子さんをお母さんのお腹の上に抱いての施術も可能です。

    妊婦の腰痛ですがうちの妻も妊娠中は腰痛が出ていました。
    もともと骨盤の関節ががゆるい妻ですが、施術を行った後にトコちゃんベルトをしていると、腰痛も感じなくて済むようになりました。
    どうしてもおなかが大きくなってくると、腰を反らすようになり体の重心が後ろに行きやすくなります。
    すると腰の下のほうや骨盤にかかる負担が大きくなるので、どうしても腰の痛みが出やすくなってしまうのです。

    また、妊婦さんや産後の方がつけるトコちゃんベルトなども正しいつけ方があって、それを守るだけで骨盤の開きや逆子などの赤ちゃんの問題も改善しやすくなります。

    ただ、骨盤や腰に問題がある方の場合はベルトだけでは限界があるので一度しっかりと施術を受けたほうが良いと思います。
    もちろん現在も妊婦さんは来院されています。
    産後の骨盤矯正なども行っています。
    大体3~4回で整いますので安心してご連絡ください♪

  • お知らせ 女性の悩み、肩凝りと頭痛を原因から改善(17/12/14) UP

    シャロームカイロで改善できる頭痛はとても多いです。
    後頭部の頭痛などは、後頭部の感覚を支配している大後頭神経や小後頭神経という神経が頭と首の付け根の部分で筋肉が硬くなることにより圧迫されていることが多いです。これは特にデスクワークなど下を向いている時間が長い人に多い頭痛です。
    こめかみの辺りの偏頭痛や目の奥の頭痛などは、首の筋肉や肩の筋肉が硬くなることにより、その頭痛を悪化させることが多いです。
    どちらの頭痛も関節のバランスが悪くなることにより首や肩周りの筋肉が硬くなるので、関節のバランスを正常に戻すことにより筋肉にかかる負担が軽減するので改善を早めることが出来ます。
    また、むち打ちなどを経験している方などは、関節の動きをつけることで今まで苦しんできた頭痛から解放されたという方も多いです。

  • お知らせ 辛い腰痛。(17/12/13)

    ・朝起き上がるときに腰が痛い。
    ・朝は靴下をはくのも大変。
    ・起きて10分くらいすると大分動きやすくなる。 
    ・くしゃみや咳をすると腰に響く。
    ・長時間座っていると立ち上がる時に腰が伸びづらい。
    上記のいずれか、もしくは複数が当てはまる方は腰の中の方にある腸腰筋という筋肉が硬くなっているか、椎間板に負担がかかっていたりします。そんな方は腰と骨盤の関節の動きを整え、関節のバランスを取り、腸腰筋を緩めることで改善を早めることが出来ます。
    もちろん、ずっと座っていると腰が痛くなる。立ち仕事で腰が痛くなる。腰を反らすと痛い、産後の骨盤矯正等の他の腰痛の方達もお任せください。

マイニュースに追加

お店・スポット最新情報