大陸食道 小山店で働く人たちの想いをご紹介|小山市・焼肉
クチコミ投稿

小山市の焼肉・ファミリーレストラン・韓国料理・レストラン・各国料理

プラス

クチコミ
85

ヤキニクレストランタイリクショクドウオヤマテン

焼肉レストラン

大陸食道 小山店

0285-38-2941 0285-38-2941

大陸食道 小山店の想いとは?

Introduction

家族でゆっくり食事を楽しめるお店

小山市街から国道50号線で思川を渡るとすぐに、エキゾチックな大建造物が目に飛び込んできます。こちらのお店は、焼肉店『大陸食道 小山店』。圧倒的な存在感と豪華さに、入店する前からワクワクした気分になります。40年前に始まった佐野店を皮切りに、2018年11月現在で栃木県内外に計6店舗をも構える、人気の老舗店です。

廉(れん)社長

広い店内には個室と半個室がずらりと並び、各個室からはファミリー層を中心に楽しそうな会話や笑い声が聞こえてきて、お店の盛況ぶりを感じられます。土日は毎週のように賑わい、またフェア期間中は平日でも満席になるそう。

「大陸食道は、お客さまに『夢の家族空間』をご提供しています。お孫さんから、おじいちゃん・おばあちゃんまで、ご家族皆さんでゆっくり焼肉を楽しんでいただくために、個室中心の店内になっています。日常のお食事の他、七五三や運動会の後、記念日、お祝い事などにご活用いただくことも多く、三世代のみならずその先の四世代まで長きにわたって愛していただけるようなお店を目指しています。」

と話しながら、スマートにお店の中を案内くださった廉(れん)社長。

リーズナブルな大陸ペアセット(2,680円)と、濃厚な味わいが人気のカルビスープ(ハーフ390円)

リーズナブルでおいしい食事ができるのも、大陸食道が人気の理由です。まず仕入れの努力で価格をおさえています。次に、お肉はカットされたものを仕入れるのではなく、職人が1枚1枚丁寧にさばいているので、本来の味を損ねることのないお肉がテーブルに並びます。さらには、冷麺やクッパをはじめキムチやナムルまで全てのメニューが職人の手づくりというこだわりが、おいしさの秘訣になっています。

小山店店長・梅沢さん

「アルバイトの方にまず第一に求めるのは、しっかり声が出せて元気があることです。お客さまには明るい雰囲気の店内で、気持ちよくお食事をしてほしいですから。」

と話すのは、店長の梅沢さん。今後は配膳マナーの質をもっと上げていきたいと、飽くなきサービスの向上を目指しているとのこと。

客室、価格、おいしさ、接客サービスなどさまざまな面を追求することが、『夢の家族空間』の実現につながっているのだと感じました。

いきいきと働けるコミュニケーション

お店のバックヤードでは、社員とアルバイトの声がけが頻繁に行われている様子を垣間見ることができました。アルバイトが出勤した際には、社員が笑顔と元気な挨拶で迎えています。それを受けたアルバイトは嬉しそうに挨拶を交わします。また「今日は何してたの?」や「今日は誕生日だよねー!おめでとう!」などちょっとした会話の積み重ねが、社員とアルバイトの距離感を縮めているそう。

「今までアルバイトが続かなかったという人も、居心地が良いからここでは長く続けられると言ってくれるんですよ。」

と話す梅沢さん。社員とアルバイトの垣根ない円滑なコミュニケーションがステキなお店をつくるのだそう。

スタッフ・犬塚さん

学生時代に大陸食道でアルバイトを続け、卒業後に社員になった犬塚さんも同様に雰囲気の良さを言います。

「アルバイト時代に、社長や役員の方も優しく声をかけてくれたのは、嬉しかったですね。アルバイト同士でも先輩、後輩みんな仲が良いです。雰囲気がとても良かったからアルバイトを続けられました。今、このお店だけでも45人くらいのアルバイトが在籍しているのですが、人柄の良い方ばかりですよ。」

業界の当たり前ではなく人としての当たり前

スタッフがいきいきと働けるために、大陸食道では働き方改革が実践されているとのこと。勤務の融通が難しいと思われがちな接客業。それでも働き方改革を断行されたことにどのような想いがあるのか、廉社長にうかがいました。

「土日は休めないという『業界の当たり前』は昔からありました。しかし『人としての当たり前』とは何だろうと考えると、例えば、お子さまの運動会や友達の結婚式などにも参加できないというのは、人として幸せとは言えないと思います。そういったところで有給休暇取得やアルバイトのシフト組みの工夫を推進しています。社員・アルバイトたちの幸せのため、彼らの家族の幸せのために、ライフワークバランスを追求しています。」

「アルバイトのみなさんには、大陸食道で働いてよかったと思ってもらえると嬉しいですね。 アルバイトの学生が就職で別の道に進んだ後も、ここ大陸食道に食事に来てくれるんですよ。」

と、とても嬉しそうに話す廉社長がとても印象的でした。

厨房をのぞくと全員がのびのびと働いていて、こちらが元気になるくらいの活気に満ちています。これもスタッフの幸せを考える廉社長の想いが現場にも伝わっている証であると感じられました。

(2018/11/08取材 ティー)

こんなステキな人達と一緒に、働きませんか?

Recruit