みそ家米ぞうで働く人たちの想いをご紹介|小山市・食堂
クチコミ投稿

小山市の食堂・ステーキ・ハンバーグ・ラーメン

プラス

クチコミ
404

オイシイゴハンミソヤコメゾウ

おいしいごはん

みそ家米ぞう

0285-31-3711 0285-31-3711

みそ家米ぞうの想いとは?

Introduction

味噌汁とごはんがおいしいお店を追求!

小山市で常に話題をさらい、老若男女たくさんの方に愛され続けている人気の定食屋さん「みそ家米ぞう」。元気一杯、活気のある店内!お客さんの目の前には、ホカホカの白いご飯と湯気の立つお味噌汁、そこにボリュームたっぷりな主菜と小鉢が並び、みなさん笑顔いっぱいでお食事を楽しんでいます。

本橋社長(左)、北岡店長(右)

オーナーの本橋さんはもともとはサラリーマン。脱サラ後に食品の卸業で仕入れに関しての知識や経験をつみました。その後、2005年にお店をOPEN。どのような想いでお店を始めたのでしょうか?
「私がサラリーマン時代にランチを食べるとき、味噌汁とごはんがおいしいお店がないかな?と探してみても、なかなか見つからなかったんですね。その想いを実現すべく、味噌汁とごはんをおいしく提供し、大切にするお店を作りたいという思いを込めて、「おいしいごはん みそ家米ぞう」と名付けました。なので、お客さまに味噌汁とごはんがおいしいね!と言っていただけるのが一番嬉しいんです。」

おいしさを追求する徹底したこだわり!

卸業で培った知識と経験、人とのつながりをフルに活かしながら働いていた本橋さんが辿り着いたのは、栃木県産食材の素晴らしさ、そして日本の素晴らしさでした。
「栃木のおいしさ、日本のおいしさを真心込めてご提供しています。まず、栃木県にはとちぎ和牛や銘柄豚、野菜・果実など本当においしい食材が揃っています。ご来店いただいたお客さまにはもちろん、店舗だけでなく積極的にイベント出店などをしながら、栃木ってこんなにおいしいものがあるよ!と栃木の良さを伝えていきたいです。
そして、日本のおいしさの部分でも、日本の文化を食で表現していきたいですね。日本は海に囲まれ魚介類が抜群!物流アクセスも良く、例えば函館からなら当日便でその日のうちに新鮮なお魚がお店まで届くので、海なし県の栃木であっても、当店では鮮度にこだわった魚介の提供に力を入れています。」

お魚は全国15ヶ所の漁港から、その日の釣果情報を細かく見て仕入れているそう。焼魚・煮魚として提供するものも、刺身で食べられる鮮度の良いものを使っているというから驚きです。
「もちろん、野菜や肉、魚以外の食材や調味料に関しても、数ある中からより良いものを選定しています。コスト度外視でも、食材の良さを活かし、そのおいしさをお客様に楽しんでいただくためには、苦労は惜しみません。」
新鮮な食材を使って、最高のおいしさを提供したいという本橋さんの本気が伝わってきます。

接客には笑顔と元気が一番!

本橋さんには、食材や料理のこだわりのほかに、お店づくりに大切なもうひとつのこだわりがあります。それは、スタッフが明るく元気であること。
「接客には、笑顔と元気が一番!スタッフが楽しく仕事をしていれば、自然とお客様にも雰囲気が伝わると思うんです。そのためにスタッフの働きやすい環境づくりを心掛けています。その一つがワークライフバランスの重視。各自のプライベートの充実が仕事の充実につながると考え、時間の調整や休日の確保などは特に大切にしています。あとは、まかないをみんなで一緒に食べます。悩みを相談したり、大笑いしたり。そういう時間って、とても大切だと思うんです。」
そう話してくださった北岡店長の嬉しそうな表情がとても印象的でした。

実際に現場で接客をしているスタッフさんたちは、どんな想いがあるのでしょうか?実際にお話しを伺ってみました!

笑顔が素敵なホールスタッフのみなさん。

スタッフをまとめるリーダーの正田さん(写真左)には、とっておきの元気の源があるんだとか。
「お客さまに心地よい時間と空間をと心がけて会話を楽しんでいます。また、よさこいを18年位続けていて一年中全国各地回っています。よさこいで目一杯踊れるから、お店でも元気に働けていると強く感じているんです!プライベートの充実が仕事の充実にもつながっているので、よさこいと両立できる今の環境に、とても感謝しています。」

続いてお話しを伺ったのは、入社5ヶ月目の高田さん(写真中央)。まだまだ分からないことが多い中でも、先輩スタッフに支えられて毎日充実した日々を過ごしています!
「毎日忙しくて付いていくのに必死ですが、フロアスタッフの皆さんが優しくて親切で楽しい人ばかり!まわりの方に助けていただきながら、日々勉強しています。笑顔で頑張ろう♪というチームの雰囲気が大好きで、毎日非常に働きがいがあります。」

ご満足してお帰りいただくために一丸となる

スタッフさんたちのお話しを聞いて、それぞれの想いを胸に楽しみながらお仕事をしているということが、とてもよく分かりました。
「そうですね!スタッフたちは、ときに大変なこともあると思いますが、すべてはご来店いただいたお客様にご満足してお帰りいただくということを達成するために、スタッフ一丸となって日々努力しています。」

本橋さんの想いのもと、スタッフさんが一丸となって、お店づくりをする姿勢は、まさにプロフェッショナル!この想いが人気店を作りあげているんだと、改めて感じることができました。
スタッフさんの元気で明るい笑顔、そしておいしいお料理を食べに、お店へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

(2018/09/10取材 チョ~)

こんなステキな人達と一緒に、働きませんか?

Recruit