青銅鳥居(県文化財)随身門(... | 投稿したクチコミ | maffinmanさんのマイページ | 栃ナビ!
クチコミ投稿

投稿したクチコミ

長沼八幡宮 (真岡市/神社・仏閣・教会)

青銅鳥居(県文化財)随身門(市文化財)ケヤキ(市天然記念物)本殿・幣殿・拝殿(市文化財)境内社日光二荒山神社(市文化財)境内社熊野神社(市文化財)を見に行きました。1697年建立の二の鳥居は柱に節があるように見えて特徴的で、長年の風雪を一身に浴びてきて変化した色合いがまたいい感じに見えました。1787年建立の随身門は彩色鮮やかで、木造の随身像2体が弓矢を持っていて半脚踏下げの状態で安置されています。中央に太陽を抱えた青龍が河川を縦横に動き回っている彫刻があり躍動感タップリに彫られていました。推定樹齢300年、樹高30mある大木のケヤキは神社のランドマーク的意味合いが濃い宣伝マンのような存在に思えました。1688年~1704年にかけて建立された社殿のうちの拝殿は、こちらも彩色鮮やかで、中央に青龍、両サイドに龍頭が彫られています。目玉が緑色をしていてイッソウ迫力が増して見えました。本殿は覆い屋で胴羽目部分は見えませんが繊細な技法が施されていました。1746年建立の末社の日光二荒山神社と熊野神社は彫刻が全面に彫り巡らされていて末社にしているのには勿体ない程の出来で見応えがありました。(2019/12/25 訪問)

また来たい いやし