2020は運気UP!パワースポットめぐり | 2020年 初詣&パワースポットで運気アップ!神社・仏閣特集 | 栃ナビ!
クチコミ投稿

2020年 初詣&パワースポットで運気アップ!神社・仏閣特集

2020年は運気上昇を願って、開運パワースポットめぐりを楽しんでみませんか?県内各地のパワースポットをご紹介します。

2匹の白蛇像の頭をなでて開運・財運UP!

  • 画像
  • 画像

大谷寺【宇都宮】/開運・財運

国の特別指定史跡の千手観音像(大谷観音)を本尊とする、平安初期に開かれた歴史ある寺で、坂東三十三箇所十九番札所。大谷石の雄大な洞穴を生かした本堂や日本最古の石仏の数々は見ごたえがあります。
【ご利益】開運・財運
【駐車場】50台
【受付】冬季(10月~3月)9:00~16:30/夏季(4月~9月)8:30~17:00
【休業日】12~3月の木曜日、毎年12月21日~31日
≫大谷寺(宇都宮)のスポットページ

画像

弁財天と白蛇

敷地内にある池には弁財天が祀られた弁天堂があり、開運・財運の神を祀るお堂としてお参りできます。お堂の左右に白蛇が仕え、白蛇の頭をなでるとご利益があるとされている。

画像

千手観音像(通称大谷観音)

大谷石の壁面に掘られた高さ約4mの日本最古の石仏の菩薩様。千の手、千の目をもち、手のひらにも目があり、多くの手で宇宙の全ての生き物を見守り救ってくださいます。感謝の気持ちで合掌しましょう。

画像

大谷の観光エリア

大谷寺近隣には、大谷石を掘り出したあとの地下大迷宮「大谷資料館」や奇岩群「御止山」、内装に大谷石を使ったレストランなど見どころがたくさん。大谷石を使ったお土産も人気です。

うなぎのぼりに良い方向へ進めますように…

  • 画像
  • 画像

平柳 星宮神社【栃木】/身体健全・家内安全・事業繁栄など

磐裂命(いわさくのみこと)・根裂命(ねさくのみこと)の厄除け(剣の威力で罪穢れを祓い除け、明るい未来を切り開く)や、経津主命(ふつぬしのみこと)の 国土鎮護。神仏習合時代には虚空蔵菩薩が合祀されていた背景から、そのお使いとされる"うなぎ"をお祀りしています。
【ご利益】身体健全・家内安全・事業繁栄など
【駐車場】あり
【受付】9:00~16:30
≫平柳 星宮神社(栃木)のスポットページ

画像

なでうなぎ

うなぎは、水を求めてどんな困難や障害も乗り越え前進する強い生命力をもっています。干支を撫で、うなぎを撫でることで、身体健全・家内安全・事業繁栄など、いろいろなことがうなぎのぼりで良い方向に進めますようにとお願いしましょう。

画像

猿田彦大神(社殿のない神社)

石の隣りにあるヒバの木(御神木)に御祭神「猿田彦大神(全てのことを良い方向に導いてくださる神「みちびきの神」)」が宿っています。猿田彦命は天狗としても知られ、この御神木の上から私たちを見守ってくださっています。

画像

月替わり御朱印【1月】

月替わりでデザインが変わる1月の御朱印。朱色のうなぎと、金字で「迎春」と書かれています。御朱印頒布の受け付けは9:30~16:30です。年始など込み合う時期もございます。

竹の節のお守りで性別が分かる言い伝え

  • 画像
  • 画像

延生地蔵尊 城興寺【芳賀】/安産・子育て

安産・子育ての地蔵尊として親しまれています。安産祈願の箱札に入っている「竹の節のお守り」は、性別が分かると言い伝えられ、祈願に訪れる方が絶えないそう。また、毎年8月24日に「日の出のご開帳」が行われ、年に一日だけ地蔵堂に鎮座されている木製のお地蔵様の姿を拝むことができます。 
【ご利益】安産祈願・子育て
【駐車場】50台
【受付】8:00~17:00 ※祈祷9:00~16:00
【休業日】不定休 ※ホームページをご覧ください
≫延生地蔵尊 城興寺(芳賀)のスポットページ

画像

竹の節のお守り

安産祈願の箱札で、中に帯符・御供物(落雁)・竹の節のお守り・御札が入っています。竹の節があると男の子、節なしは女の子とされています。箱札は自分では選べず、おみくじ感覚で楽しめます。

画像

おビンズルさま(なで仏)

本堂正面の縁側に鎮座する羅漢像「なで仏」さまは、自分の体のよくなりたいところと同じところを「なで仏」さまに触り撫でて、触り撫でた手で自分の体も触れると病が良くなるといい伝えらています。

画像

木製のお地蔵様

年に一度、毎年8月24日5時5分に「日の出ご開帳」され、朝早く参拝に来れない方の為に、正午にも「ご開帳」されます。「運慶」作と伝えられる木製のお地蔵様を拝めるのを楽しみにされている方が多いです。

神聖な滝尾三本杉のパワーをいただき運気アップ

  • 画像
  • 画像

滝尾神社【日光】/体内の浄化・パワーUP・子授け・安産・子育て

日光の聖地と言われる日光市山内に鎮座し、二荒山神社の別宮で、本宮、新宮(現在の二荒山神社)とともに日光三社権現の一つ。境内には今回ご紹介のスポットの他に縁結びの笹や酒の泉などの見どころもある。山奥の静寂の中に佇む神社で、人里から離れたひっそりとした場所で穴場的なスポットです。
【ご利益】体内の浄化・パワーUP・子授け・安産・子育て
【駐車場】10台※二荒山神社本社の西側の山道を約1km上ったところにあります。
≫滝尾神社(日光)のスポットページ

画像

御神木・三本杉

本殿裏に石柵を巡らした一画にある三本杉で、弘法大師がこの山で修行をした時に田心姫命が現れた場所と伝えられ、滝尾境内の最も神聖な場所といわれています。初代の三本杉は倒れてしまったがそのままにしておく習わしで今も横たわっている。現在の3本杉は2代目で樹齢は250~300年ほど。

画像

子種石

この石は子種権現とも呼ばれている世界文化遺産。古くからこの石の前で祈りを捧げた後、石の周りを時計回りに回ることで子宝に恵まれ、安産にもご利益があると言われています。子種石の周りにある小石の山は参拝者の安産祈願と、成就の感謝を込めて残していったものです。

画像

運試しの鳥居

一般的な鳥居とは違い、上部中央に丸い穴が設けられていて、この穴に小石を3つ投げ入れ、1つでも入ると願いが叶うとされています。日光東照宮の再建立を命じ、輪王寺大猷院に祀られた3代将軍家光の忠臣、梶定良(かじさだよし)が元禄2(1689)年に奉納したもので、重要文化財 世界文化遺産です。

※掲載内容は取材時の情報です。