ニュース - コロナナモレモモ(マキシマム ザ ホルモン2号店)、岩下の新生姜ミュージアムでライブイベント開催! - ライブ・コンサート/栃木市 - 栃ナビ!
クチコミ投稿
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、開催予定のイベントが延期・中止となっている場合がございます。

【レポート】ライブレポート

【ライブレポート】
コロナナモレモモ(マキシマム ザ ホルモン2号店)、満を持しての初ワンマンイベント☆
ホーム・栃木県「岩下の新生姜ミュージアム」での無料ライブに地元ファン熱狂!

人気ロックバンド「マキシマム ザ ホルモン」のフランチャイズバンドとして、ホルモンの楽曲を自由にアレンジして演奏する権利を与えられ、2号店バンドとして栃木県を本拠地として活動する「コロナナモレモモ」。記念すべき県内初となるライブのレポートをお届けします!

巨大スピーカーや鉄柵が搬入された岩下の新生姜ミュージアムのイベントスペースは、さながらライブハウスのよう。メンバーが登場し、『おそなってごめん!ただいまー!』と叫ぶセキはん (キャーキャーうるさい方と女声)に本拠地でのライブを待ちわびていた地元ファンは一気にヒートアップ。

1曲目「ぶっ生き返す!!」から異様な盛り上がりをみせ、続く「包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ」ではDJ DANGER×DEER(DJ / KSUKE)による2号店ならではの楽曲味付けと、ベーシストわかざえもん(4弦)のグルーヴが会場を盛り上げました。

MCではオマキ(ドラムとニタニタ)が本店・マキシマム ザ ホルモンを騙る暴挙をセキはんがすかさず突っ込む場面もあり、普段はバラバラに活動する彼らながら、結成から多くの夏フェス出演で培われたメンバーの一体感が伝わってきます。

ホーム・栃木県に感謝する一幕もありつつ、ライブ本編は加速!ラストはホルモンのライブでも盛り上がり鉄板の「シミ」「F」と息つく暇もなく激しいモッシュとダイブで熱狂の渦に!

アンコールでは2号店オーディションにも参加していたMisaki(SpecialThanks)がサプライズ登場し、DANGER×DEERと共にシングル収録の「G'old~en~Guy [D×D remix]」を披露。

ラストを締めくくった超有名曲「恋のメガラバ」!!に集まった300人のファンの盛り上がりも最高潮に!

最高気温が約10℃と冷え込んだ栃木市でしたが、寒さも忘れ余韻に浸り記念撮影するファンの姿が印象的でした◎!

コロナナモレモモは今後も栃木県を本拠地として活動を予定しています。応援よろしくお願いいたします♪

photo by 浜野カズシ