百八燈流し - 伝統行事/栃木市 - 栃ナビ!
クチコミ投稿

栃木市の伝統行事・祭り

[終了]百八燈流し

2019年08月04日(日)

栃木市無形民俗文化財指定、伝統的な仏教行事

栃木市の無形民俗文化財に指定された『百八灯流し』は日光修験行事「船禅頂」(ふなぜんじょう) になぞらえ明治初頭に御大院の星覚全という修験者が始めたものです。

巴波川の舟運の安全祈願と百八の煩悩を水に流すための仏教行事であり、白装束姿の船頭が漕ぐ御神船が巴波川に浮かび、舟の端に108本のろうそくが灯されます。

この行事は、百八の煩悩を水に流すという謂われや108本のろうそくは安産のお守りになるという謂われを持ちます。

詳細情報を見る

基本情報

開催期間 開催日:2019年08月04日(日)
開催時間 19:30~21:00
巴波川で行事が行われる目安時間です。
会場名 栃木市巴波川(幸来橋周辺)
会場所在地 栃木市湊町 地図を印刷
交通 JR・東武線 栃木駅から徒歩15分 東北自動車道栃木ICより車10分
問合せ先 栃木市観光協会
TEL
0282-25-2356 0282-25-2356
ホームページ ホームページ(パソコン)を見る
  • 100人以上
  • ファミリー
  • 子供歓迎
  • 女性歓迎
  • シニア歓迎
イベントを投稿する

主催者様からのご投稿に限らせて頂きます。