テーマ展「日光産の標本から学名がついた動植物」 - 展示/宇都宮市 - 栃ナビ!
クチコミ投稿

宇都宮市の展示

[開催中]テーマ展「日光産の標本から学名がついた動植物」

2020年10月10日(土)~2021年03月07日(日)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、開催予定のイベントが延期・中止となっている場合がございます。

「タイプ産地」としての日光の魅力を紹介!

「学名」とは、動物や植物に付けられる、世界共通の名前のことです。一定のルールに基づいて付けられ、ラテン語で表記されます。新種の動植物は、学名や基準となる標本を決めて発表されます。その標本を「タイプ標本」と言います。タイプ標本が採集された場所を「タイプ産地」と言います。日光産の標本をもとに、新種として発表された動植物はたくさんあります。
日光では江戸時代から東洋流博物学(薬となる植物や動物、鉱物を調べて記録する学問)の研究が行われてきました。幕末から明治期にかけては、日光の動植物は多くの外国人によって研究されました。明治期以降、日本人研究者の間に西洋流博物学(動物、植物、岩石などを調べて記録する学問)が広まると、さらに詳細な調査・研究が行われるようになり、日光は明治~昭和初期の博物学的研究の一大拠点となりました。日光をタイプ産地とする動植物が多いのは、そのためです。この日光の動植物研究は、脈々と引き継がれてきた、誇るべき文化的活動です。
本テーマ展では、これからも絶え間なく続いていくことが期待される日光の動植物研究を紹介します。

詳細情報を見る

基本情報

開催期間 開催日:2020年10月10日(土)
終了日:2021年03月07日(日)
開催時間 09:30~17:00
入館は16:30まで
会場名 栃木県立博物館
会場所在地 宇都宮市睦町2-2 地図を印刷
問合せ先 栃木県立博物館
TEL
028-634-1311 028-634-1311
FAX
028-634-1310
参加料金 参加有料
一般260(200)円
大学・高校生120(100)円
中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体またはM割料金
ホームページ ホームページ(パソコン)を見る
ホームページ(ケータイ)をみる
  • 100人以上
  • ~1,000円
  • デート
  • ファミリー
  • 子供歓迎
  • 女性歓迎
  • シニア歓迎
  • マニア向け
イベントを投稿する

主催者様からのご投稿に限らせて頂きます。