クチコミ投稿
メンバー登録いただいた方全員に100Pプレゼント!

○代目特集

昔からあるもの、新しいもの。カタチや想いを変えて人から人へ、伝えていきたいとちぎの魅力。伝統を受け継ぎながら、新しいコト・モノにチャレンジしている方々をご紹介します。

御菓子司 ふくしまや/足利

  • 画像

新しいものを作ろうとした時に気づいた“昔ながらの和菓子”の魅力

お店を継いだ最初の頃は、やはりイタリアで学んだことを発揮したい!と思っていたそう。今は、伝統のある和菓子のすばらしさにも魅了されているんだとか。幅広い年代に愛される味や技術を守りながらつくる、ひと目で「ふくしまや」の和菓子だとわかる粋な商品からも目が離せない。

3代目

福島 幸治さん(38歳)

画像
  • 画像

元々和菓子に興味がなく、手伝いをすることもなかった。飲食業に進むため、イタリア料理を東京で5年間修行。イタリアに渡り、家業である和菓子屋を継ぐことを決める。勉強する内容が、和菓子作りに活かせるものに180度変わり、5年を経て帰国。父である2代目の教えや食べ歩きからヒントを得て、和菓子作りを楽しんでいる。

画像

生まれたときの写真

この時はもちろん、お店を継ごうと思ったのは30歳を過ぎてから。継ぐと決めるまで、和菓子に興味を持ったことも、作ったこともありませんでした。

画像

和菓子に魅了されて

お店を継いだ最初の頃は、イタリアで学んだことを発揮したい!と思っていたそうですが、今は昔ながらの和菓子の魅力に気付き、伝統的な部分も大切に。

画像

黒糖まんじゅう

リピーターの多い黒糖まんじゅうは、黒糖の優しい甘さがフワッと口に広がるんです♪店主の目標は、幅広い年代の方に愛される和菓子をたくさん作ること!

〇代目の想い

画像

■受け継いだもの

1番最初に父に教えてもらった“すあま”。100年以上続くお店で、初代からずっと受け継いできたメニューなんです。いつでも同じ味でお店に出せるように、気温や湿度のチェックは欠かしません。同じものを作る難しさにもやりがいを感じますね。

画像

■新しい取り組み

アンティーク着物を取り扱う「うさぎや」さんとコラボして、足利銘仙の着物柄をモチーフにした和菓子を作っています。
■上生菓子 銘仙柄(1個)…350円
※うさぎや(足利)にて、週末のみ限定販売。※要予約。

先代から

画像

  • 画像

店を継いでくれるなんて思っていなかったので、継ぐと聞いたときはビックリしました。初代から受け継いだ持ち味を活かしながらも、新しい取り組み(外へ向けたPRなど)をするなど、目に見えた努力をしてくれていて嬉しく思います!

お店・スポット情報

御菓子司 ふくしまや

伝統の味と、新しい創作和菓子をお楽しみください。
栃木県足利市菅田町109-3

TEL:0284-41-5559TEL:0284-41-5559
FAX:0284-41-5559

※掲載内容は取材時の情報です。