専門店で探る“辛旨”の真髄とは! | ラーメン特集 | 栃ナビ!
クチコミ投稿

ラーメン特集

心に響くラーメンを追い求め、ひとり彷徨いつづける男―ブラックの魂の叫びを聞け!

専門店で探る“辛旨”の真髄とは!

坦々麺専門 發巳

(芳賀町/ラーメン) [取材:2010年09月]

發巳坦々麺 … 780円

画像

  • 画像

【麺】細ストレート麺/製麺所に特注して仕上たエッジの効いたストレート麺。スープに決して負けない小麦の香りとコシの強い食感が特徴。
【スープ】ゴマ・酢・ラー油・その他中華食材(企業秘密)/“やわらかい辛味”をコンセプトに仕上げたイチオシのスープ。ゴマのコクと素材の香りが専門店ならではの違いを感じさせてくれます。
【チャーシュウ】坦々麺なので無し。/代わりにひき肉がIN!肉の食感をひっかり感じることが出来る粗引き仕上げ。自家製のテンメンジャンを使って甘みを出し、しっかり炒めて肉の旨味をを閉じ込めます。
【具】ひき肉・チンゲン菜・ザーサイ・ネギのみじんぎり

自慢のメニュー

發巳マーラー坦麺 … 780円

お店の一番人気メニューがコチラ。四川・日本の花椒と唐辛子を絶妙なバランスで仕上げたマーラー坦麺は、辛味を存分に感じたい人はこちらを選ぶべし!

-----------------------------------------------------

野菜たっぷり坦々麺 … 830円

6種類の野菜をスープに溶かし込んで出される一杯。とろみが強く、濃厚!体にも優しいつくりになっています。辛味の苦手な方もこれはきっと気に入るはず。

-----------------------------------------------------

麻婆豆腐 … 600円

国産大豆を使用した柔らかい豆腐と辛く仕上たタレがベストマッチ!これとご飯をあわせて注文する人も急増中!非常に人気の一品です。

店主、自ら味わふ。

画像

  • 画像

『なんで坦々麺専門店!?』って、よく聞かれるんですよね。理由はホント単純なんですよ、それは他にこのジャンルの専門店が無かったから(笑)。若い頃は洋食から中華・そばや寿司など色々なジャンルに関わっていたんです。そんな経験の中であったらいいなと思ったのが坦々麺専門店だったってワケ!あとは、店の場所が場所だから、何かに特化したものがないと皆さんが足を運んでくれないと思ったのも理由の一つですね。OPENしてからまだそんなに経っていないけど(2010年1月OPEN)前例がないから正直不安はありました。でも、なんとかやっていけているのは幅広い層のお客さんが『美味しかった』って言ってくれるからです。万人に合う味なんてあるはずないと思うけど、そう言ってくれる人がいる限り、自分がこれだと思った味をこれからも突き詰めていきたいと思っています。坦々麺=辛いだけっていうイメージがある人が多いかも知れないけど、うちのは一味違うから、是非一度食べにきてよ!

栃ナビ!も、味わふ。

栃ナビ!の目/奥深さということ

画像

  • 画像

坦々麺は普段そんなに食べてる方ではないけれど、専門店という位だから相当ハードル高いよーって、相変わらずの根拠無き上から目線で食べ始めたのですが…ハイ、ヤラレマシタ(自分、このパターン多いです)。これは確かにウマイ!坦々麺のイメージって辛さが全面に出てきて、食べ終わる頃は舌がマヒしちゃうようなイメージだったけど、これは全然違います。辛くないわけじゃないんだけど、辛味の感じ方が他とは違うんです。舌でダイレクトに感じるというよりは頭の奥の方からくるような感覚。ズバリ、初体験です。理由を聞いたらポイントは4種類の“手造りラー油”と“ゴマ”だそう。これが独特のコクを生み出し、奥深いスープに仕上っている正体。しかも、食べる直前にもゴマを自分で擦って香ばしさのダメ押し。これがコシのあるストレート麺に絡んで…。色々な飲食業を渡り歩いてここに辿り着いたご主人のプライドが随所に感じられる仕上がりでした。こういう味がきっと“奥深い”ということなんでしょうね、言葉の意味を再認識した瞬間でした。さすが専門店の看板を掲げるだけはあります!もう完全に参りました…正直、虜です。皆さんもヤミツキ必至ですよー!ごちそうさま!
(取材:ブラック)

※掲載内容は取材時の情報です。

お店・スポット情報

  • 坦々麺専門 發巳

坦々麺専門 發巳

坦々麺の専門店です!
芳賀町祖母井1691-6

TEL:028-677-3988TEL:028-677-3988